コロナ流行での様々な変化

コロナ感染でさらなるインターネットの活用の高まり

緊急事態宣言が解除された地域もありますが、収束まではまだまだで長期戦になるとの見方が強まっています。

コロナ流行により働き方も大きく変わっています。自粛するしかない職種もあればデリバリーを開始し少しでも売上を上げるべく努力している企業もあります。

働き方の中で一番変わったことはやはりリモートワークの活用ではないでしょうか。

リモートワークで仕事をしている方はごく僅かでしたが、現在はテレワークやオンラインを使い仕事をおこなっている方もかなりいらっしゃると思います。

 

「ピンチはチャンス」とよく言われます。大規模な変革を行うにはこのタイミングではないでしょうか。

満員電車での感染のリスクはもちろん、通勤のストレスも緩和され家族との時間も増え、「このままテレワークが続けば」と感じている方も少なくないのでは。

多少の体調不良でも出社して仕事をする根性論的なものが日本にはあります。勤勉でまじめ気質で仕事に励むのが良しとの風習がこのコロナではマイナスな面にも作用しています。それがクラスター感染です。コロナに感染しているのに自覚症状がなく、体調不良・熱があることを我慢し出社をし周りに感染させてしまうケースも多いです。

ワクチン・治療薬が出来るまでは今しばらく時間がかかります。いつまでも自粛を続けてはいけません。感染の恐怖はあってもうまくコロナと付き合って経済を回して行かねばなりません。

予測することが不可能だった世界規模での蔓延ですが、これを機にいろいろと見えてきたものも多いです。

政府の危機管理能力の低さ、働き方の改革、病院の検査体制などなど挙げれば切りがないです。

まだ収束までの道半ばではありますのがこの度の教訓を活かし、さまざまなことが変わっていくと思います。

あまりにも大きな傷みを伴いましたが、この教訓を活かし一層のリモートワーク、オンライン授業などインターネットが担う役割もさらに大きくなっていくでしょう。